ウエディング、結婚式の華、美しい花嫁のまぶしそうな微笑・・・
清楚な白無垢、華麗な打掛け、限りなく洗練されたウエディングドレス・・・
少女の日の夢が叶うその時、それは大切な想い出となるでしょう。


ウェディングドレスって日常のものではないだけに、いざ「生涯の一着」を選ぶとなると重労働なことです。初めてウエディングドレスを見に行く方のために、3つポイントをまとめてみました。

小柄な人がボリュームのあるウエディングドレスを選ぶと、ウエディングドレスばかりが際立ち花嫁さんの良さが引き出せなかったりする可能性があります。 試着したとき、離れたところからチェックするのも意味があります。会場のお客様は離れた位置から花嫁を見ています。 会場の広さによってウエディングドレスの選び方も頭に入れておくといいでしょう。大聖堂で式を挙げる場合などシルエットの大きい、かつロングトレーンのドレスもステキですが、逆に、シンプルなウエディングドレスがすごく映える場所でもあります。

ホテルなどの広い大宴会場で夢イッパイの大きなシルエットのウエディングドレスで、大切な人達の目を楽しませてあげるのも花嫁の優しさ・・・。 おしゃれなレストランでの人前式の場合は、たしかにあまり大きくない方が無難です。テーブルとテーブルの間を歩くのに大きなスカートだと、移動するのが大変ですし・・・ 加えてそれほど広くはない空間の中で、花嫁さんだけが異様に大きい体積を占めてしまうと、ダンナ様の存在が小さく見えたり する可能性もあります。 会場の広さに合わせてウエディングドレスの選ぶラインが減ってしまうことがないように、あくまでも参考にしてみてください。 | ドレス工房マリエ